0120-093-162 12時~19時 火曜定休
査定方法
ネット査定
店頭査定

パラブーツ買取 | 千葉県流山市の方からREIMS(ランス)コインローファー ブラック ポニー ジャーナルスタンダード別注をお売りいただきました

パラブーツ買取REIMS(ランス)コインローファーブラックポニージャーナルスタンダード別注
千葉県流山市 / 宅配買取
2022.01.21

買取実績

この度革靴買取専門店ラスタイル買取ブログでご紹介する高価買取させていただいたお品は

パラブーツのランス ポニーです。

千葉県のお客様から宅配買取させていただきました。

ランスポニーの特徴

大手百貨店を始め、セレクトショップでもカジュアル革靴として人気を集めるパラブーツはモデル自体も個性的な物が多いです。

特にパラブーツのリアルファーシリーズは街中でも目を惹くことでしょう。

今や廃盤となってしまった幻のアザラシの毛皮をアッパーにあしらったミカエルフォックに始まり、使われる動物によってテクスチャーが異なるので同じ色でも様々な動物を試してみたくなります。

パラブーツの拠点、フランスではモードな雰囲気から男性よりも女性に人気のようですが靴好き大国ジャパンでは男女関係なく愛されていますね。

私もアザラシ等、数種類のリアルファーパラブーツを飼っております。

EUでのアザラシ皮革取引禁止条約によって惜しまれながら廃盤となったフォックファーですが動物保護が重要視される昨今の流れでは当然といえば当然・・

アザラシとバトンタッチするようにパラブーツのヴァンプを任されたのがポニー、馬毛です。

現行ですとミンクやラビット、最近ではムートンもありますが毛質的にボリューム感があるのでどうしても秋冬の印象。

一方でポニーはかなり落ち着いていてスエードの様に起毛している事で表面張力で浸水しづらい事からも梅雨時期まで自分は履いています。

遠目から見ると甲がオフホワイトのコンビシューズに感じる程収まりが良い為、足元を主張させ過ぎたくない場合ではおすすめです。

パラブーツといえばオイル含有率の多いレザーを使うことでも有名です。

アッパーには基本的に油分に富んだリスレザーを採用しています。

様々な動物を使っていたパラブーツですからリスレザーって栗鼠の革?・・と思いながらパラブーツを初めて買う前の自分は調べちゃいましたが違いましたね!

正しくはLisse=なだらかな革でした。

名前の通りこの革は簡単なメンテナンスでも良く光ります。

廃盤も取り沙汰されるリアルファー

コンビカラーになりますと好みが大きく分かれる所となり、お買取金額もなかなか出しづらいモノが多いです。

ただパラブーツのリアルファーシリーズは季節商品となってしまいますが人気の高いお品かつ、廃盤も噂されているアイテム。

エキゾチックレザーは国際情勢の顔色を伺うもの。食肉の副産物として皮革を利用する動物以外の流通の制約は時間の問題かも知れません。

既に正規取り扱いの無いフォックファーを始め、当店ではパラブーツを高価買取させて頂いております!

お買い取りしたランスポーニーの状態

リスレザーの説明をしましたがこちらはグレインレザーを採用しています。なんやねん。

傷にも強く、タフに履き込めるのは魅力的。

ブラックグレインレザー×ポニーファーとテクスチャーの対比が面白い一足となっていますがお色はモノトーンですので決して使いづらいモノで無いのが良いですね。

こちらは使用回数も10回程とサイズもゴールデンサイズとなっておりましたので出来る限り買取価格の方頑張らせて頂きました。

やはり秋冬だけじゃなく春先〜初夏に使っても見た目が比較的暑苦しくないので使用出来るシーズンが長いのはポニーの強みです。

コレクション整理や手放す事をお考えの革靴がございましたら、革靴買取専門店のラスタイルにお問い合わせ下さいませ!